抑毛ローションの使用

モデル

セルフ脱毛をする場合できれば次に生えてくる毛が少しでも薄くなったり生えてこなくなったりすればいいのにと思う人も多いと思います。最近では様々な種類の抑毛ローションが販売されています。セルフ脱毛後などに抑毛ローションを塗ったり、毎日のスキンケア時に抑毛ローションを欠かさず塗ることで毛穴が目立たなくなったり、毛が薄くなったりという効果が得られるといわれています。

 

抑毛効果のある成分というのは抑毛ローションを製造している会社それぞれに違いはあるとは思いますが、抑毛ローション全般的な作用としては毛の成長を抑制し毛を薄く目立たなくしてくれるといわれています。ローションは数が多く自分の肌や毛に合う、合わないがあると思うので、抑毛ローションを選ぶときは注意が必要です。

 

この手のローションは効果が得られるまでに時間がかかります。最低でも2,3ヶ月は使用しないと効果がどれほど出るかということははっきりわからないかもしれません。しかし抑毛ローション自体に美肌成分や美白などの効果や保湿効果などが得られるものも多くあるため、脱毛後の肌ケア時に保湿ローションとして使用するのがいいのではないでしょうか。また脱毛後だけではなく、毎日使用することでその効果を得られるのに脱毛時だけで使用するより短時間で抑毛効果を実感できるかもしれません。ひざ下の脱毛をするにあたり、サロンなどで脱毛を考えていない方にとって抑毛ローションはとても手頃で使いやすいものではないかと思います。

 

エピレ吉祥寺店|予約と店舗情報はコチラ!

男性ホルモンの分泌を抑える

モデル

男性ホルモンが多いと毛が濃くなったり太くなったりします。できれば女性は特にそうはなりたくないと思っています。そのため男性ホルモンを抑えるにはどうすれば良いかというと一番手軽で簡単なことは大豆を摂取することです。大豆には大豆イソフラボンという女性ホルモンを増加させる効果が含まれているといわれています。

 

この大豆イソフラボンはエストロゲンという成分に分子構造が似ているといわれています。このエストロゲンは女性ホルモンに含まれている成分になります。そのため美容や女性特有の病気の予防など、また前立腺がんの予防などにも効果があるといわれています。また、血流を良くするため冷えなどにも効果があるといわれています。しかし摂取しすぎることで乳がんや子宮ガンを発症する確率が高くなるとも言われています。1日コップ1杯程度がいいと言われています。他にも緑茶も効果があると言われています。アロエやミカンの皮も男性ホルモンの働きを抑える効果があると言われています。

 

男性ホルモンの分泌を抑えるには十分な睡眠をとることが重要だと言われています。男性ホルモンの分泌は食生活や日頃の生活を注意することで多くも少なくもなったりすると言われています。なるべく規則正しい生活をすることで女性ホルモンの分泌を増やし必然的に男性ホルモンが減ることが一番良いサイクルなのではないでしょうか。ひざ下の脱毛をする事プラス男性ホルモンを抑制することで毛が濃くなったり太くなったりすることを防ぐ生活も送るよう心掛けるといいと思います。